アットホームなお別れができる家族葬

家族や親しい方がお別れを言う場がお葬式

人間にはどんな人でも平等に死が訪れます。
突然亡くなる方もいれば、とても長生きをして亡くなる方もいます。
また死に際に会える方もいれば、会えない方もいると思います。
特に家族の死である配偶者や子供、親兄弟の死というのは、心を激しく揺るがし、深い悲しみをもたらします。
どんな無くなり方であれ、亡くなった故人を偲ぶ遺族の悲しみは計り知れません。
お葬式はそんな故人を偲んで、お別れをする一つの式です。
そして故人を偲んで人々が集まる葬儀は、集まる人に命の大切さを知り、今受けている生を大切にするよう伝えているのではないか、と感じる方もいると思います。

日本の葬儀のスタイル

亡くなったらお葬式をあげる方も多いと思いますが、今は色々な葬儀の形があります。
最後のお別れの儀式の一つとしてもし希望がありそうならば、さりげなく生前にどんな葬儀が良いか聞いておく方もいるかと思います。
葬儀はどの宗教で行うかによって「仏式葬儀」「キリスト教葬儀」「神式葬儀」など宗教によって様々な形式があり、規模は密葬、家族葬、直葬、社葬などがあります。
その中でも家族葬は家族や親族、親しい友人の範囲だけの密葬にも似た葬儀です。

家族葬を選ぶメリット

一般の会葬者への心遣いなどが必要なく、故人とのお別れの時間を沢山確保できるので、新しい葬儀の形として選択する方も増えてきているそうです。
確かに参列者への気遣いや、葬儀の対応に追われずに済み、身内だけで故人を偲ぶというのは気持ちの上でも負担が軽いと思う方もいるのではないでしょうか。
また、故人に知人や友人が少ない場合や、生前からの故人の希望で家族葬を選ぶ方もいます。
葬儀の規模が小さければ、費用も抑えられます。
落ち着いた家族と親しい身内だけでお別れをしたいと考える方は選択肢の一つとして考えてみては良いと思います。