フランス人がプロデュース

最近増加している家族葬について

お葬式の需要の高まり

高齢化社会が進んでいる日本において、今後、お葬式の需要は高まってくると想定されています。
その葬式ですが、以前ほど盛大に行う事を望む人が減ってきており、その代わりに家族葬と呼ばれる少人数で行われるスタイルが増えています。
テレビなどのメディアでも取り上げられることが増えており、今後こういった少人数により少数スタイルがより一層増加すると予測されています。

家族葬スタイルが一般的になってきました

そんな家族葬ですがしっかりとした定義づけが行われているわけではなく、家族や親族あるいは親しい友人といった、限られた人達だけによる葬式との認識が一般的です。
このスタイルが一般的になってきたのはいくつか理由があります。

いま家族葬儀が選ばれる理由

一つ目は高齢化が進んだことによって、故人の友人や知人あるいは昔の職場関係の人の中で存命の方が少なくなっている点です。
二つ目は、参列者への配慮や対応に時間を割くことなく葬式を行いたいと考える人が増えている為です。
三つ目として、葬式にお金を費やしたくない人が増えている点が挙げられます。
予算の問題に関しては以前からありましたが、世間体や昔からの習慣を大事にするという観点から、見過ごされてきました。
ところが、一つ目あるいは二つ目の理由や、少人数スタイルで費用を掛けない葬式のスタイルが、一般的に知られるようになってきた事で、昔ほど世間体を気にする必要がなくなっています。
これらの理由によって、家族葬スタイルは一般的になっています。

費用負担の軽さも選ばれる理由

少人数スタイルの最も大きな利点は予算の安さです。
お料理や返礼品などに掛かる予算が減りますし、人数が少なければ正確な予算を把握しやすく、計画を立てやすいという点も挙げられます。
また、故人との最後の時間をゆっくり過ごせるというメリットもあります。
少人数での葬式は家族や親族間で話し合いを行い、納得してもらえるのであれば、非常に優れたスタイルといえます。
みなさんが納得のいく輝く金色の葬儀をあげるために研究していきましょう。

最新投稿